花粉症治療の壺@今から始める治療と予防☆

花粉症に苦しむ管理人による、花粉症に関する情報を提供するブログです。花粉症について、対策、治療、関連グッズなど幅広く紹介しています。花粉症の治療・対策に興味がある方必見です。

花粉症の治療・対策は万全ですか?今年のの治療・対策の成功体験は
来年・再来年も有効な財産となります。
諦めずに、治療・対策に奮闘しませんか!!花粉症は治療可能な
アレルギー疾患の一つです。何とかして工夫して治療して、
完治させたいものですね☆

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
Yahoo ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000500-sanspo-base


レッドソックスの田沢純一投手(22)が25日、
フロリダ州フォートマイヤーズでのボストン大戦に登板。
オープン戦初デビューを果たした。
試合は7-1でレッドソックスが勝利した。

↑引用文

順調な滑り出しですね。
当初から言われてきた、長い目でみた育成方針を
覆す活躍するのではないかと、つい期待してしまいますね。

日本球界で新人王を取れる実力があれば、
メジャーでも必ず通用するはず。

日本球界を経ないでの大リーグ挑戦!!
今後の田沢純一投手に大きく注目ですな。


元千葉ロッテマリーンズ黒木流
【野球】ベスト・ピッチング!プログラム
ウィニングショットの秘密に迫る!!



↑トップページへ↑
 
Yahoo ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000506-san-soci

中学生の約2割が携帯電話で一日にメールを50件以上も
やり取りしていることが25日、文部科学省の調査で分かった。
「一日に100件以上」という中学生も7%で、子供の“ケータイ漬け”が
明らかになった。一方、携帯電話について、親がよく理解していない現状も浮かんだ。


私にとって1日50件とんでもない数字です。
1日10件もうてばよく打ったな感があるほどの
20代後半の男ですが^^;

中学生は、勉強に部活に汗流して頑張る時だと
思うんですがね。
何かに夢中になれるのも青春時代の特権。
それが携帯に向かうのは如何ともし難いです。



春の花粉症対策!大セール実施中!!
楽天☆健康案内人ヤギ薬局
お探しの花粉症用品見つかります!!



↑トップページへ↑
 
YAHOOニュースより
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/ichiro/?1235613147

イチローの調子が上がってこないですね。
フリーバッティングの柵声の本数は順調みたいですが^^;

打線爆発の中、イチロー外野手(35=マリナーズ)のバットが
少々不安を感じさせた。5打数2安打という数字は残ったものの、
ヒットはいずれも微妙な判定の一塁への内野安打。
前日から通算9打席で1度も外野に打球が飛んでいない。
自らの状態について「まだ目でボールを見ている。
もっと体で感じないといけない。そろそろいかないといけない」
と独特の言い回しで表現した。

↑引用文

今回の日本代表はイチロージャパンと化しているので
イチローの調子がチームの成績を左右するのではと
感じています。
まだ調整段階、今後調子を上げてくれると思いますが
ちょっっぴり不安でもありますね。




元千葉ロッテマリーンズ黒木流
【野球】ベスト・ピッチング!プログラム
ウィニングショットの秘密に迫る!!

 
YAHOOニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000571-san-socc

Jリーグの秋春制は、犬飼会長が就任直後から強く主張したテーマだ。
政界に置き換えれば、小泉純一郎元首相の「郵政民営化」に相当する
「譲れぬ持論」なのだろう。ただサポーター有志が草の根的に集めた署名が
1カ月で5万5000人分を超えた事実は、重く受け止めねばならない。(産経新聞)

↑引用文

犬飼会長が主張するJリーグの春秋制に待ったがかかるのか??
サポーターが集めた署名はわずか一ヶ月で15000以上。

たしかに、欧州との同じスケージュールでJリーグが動く
利点もあるが、北国チームへの影響つまり、切捨てとも
言える問題をどう解決するのか。

春秋制に移行するのなら、北国チームへの対策など
問題をきちんと解決したうえで実行すべきと思います。
やはり、協会、チーム、選手、ファンが納得する
結論を出してから、ことを進めて欲しいものですね。


 
Yahooニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000105-jij-soci

昨年までプロ野球中日ドラゴンズの四番打者で活躍した
タイロン・ウッズ元選手の米国代理人側が、入団交渉を
有利に進めた報酬として6000万円の支払いを元選手に求めた
訴訟の判決が2日、東京地裁であった。山崎勉裁判長は代理人の貢献を認め、
元選手に約1300万円の支払いを命じた。

↑引用文

がっつり稼いだんだから、払うべきとこはきっちり払おうよって
思うのは私だけでしょうか??

まあ、あれ程の優良助っ人はそうそういないですね。
横浜から中日が強奪。年俸5億円。
1300万円なんてウッズにとっては
単なる手数料程度の感覚なんでしょうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。