花粉症治療の壺@今から始める治療と予防☆

花粉症に苦しむ管理人による、花粉症に関する情報を提供するブログです。花粉症について、対策、治療、関連グッズなど幅広く紹介しています。花粉症の治療・対策に興味がある方必見です。

花粉症の治療・対策は万全ですか?今年のの治療・対策の成功体験は
来年・再来年も有効な財産となります。
諦めずに、治療・対策に奮闘しませんか!!花粉症は治療可能な
アレルギー疾患の一つです。何とかして工夫して治療して、
完治させたいものですね☆

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
YAHOOニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000005-sh_mar-sci

花粉症になるのは23歳から? 発症年齢は“西高東低”

■花粉症と年齢の関係

 ウェザーニューズは、「花粉症」についての調査を3月に実施し、沖縄を除く全国から計15,109人(男性35%、女性65%)の回答を得た。今回の調査では「花粉症歴は何年ですか? 」という質問と、調査協力者の年齢の平均値を求め換算したところ、平均で“23歳で花粉症になる”という分析結果が得られた。このことから、学生から社会人への生活習慣の変化などが起因している可能性もあると同調査は指摘している。

 また、県別で発症年齢の平均を見てみると、発症年齢が最も遅いのは「佐賀県」の28.6歳で、上位を西日本の県が占めている。また、発症年齢が最も早いのは「徳島県」の20.2歳で、それ以外の上位を東日本の県が占めるかたちとなった。

■男女で違う症状は? 

 花粉症における症状の種類についての調査では、男性と女性で“くしゃみの回数”、“鼻をかむ回数”、“目のかゆみ”などで大きな差は出なかったものの、“肌のかゆみ”と“喉の症状”で女性が男性より症状が出ていることが判明した。

 一日のうち症状がひどい時間帯については、「朝」と答えた人が25.6%で最も多く、「昼」「夕方」「夜」と続いている。一日のうち花粉は昼から夕方にかけて多く飛ぶため、飛散する時間帯よりも、外出する朝の通勤時間など個人の生活リズムが大きく影響しているようだ。

 また、花粉症の症状対策に1か月どれくらいのお金をかけるのかを聞いたところ、19歳以下の平均が1,432円、20代は1,815円、30代は2,289円、40代は2,455円、50代は2,365円、60歳以上では2,746円と年齢が高くなるほど、花粉症対策にかける費用が高くなっている。



そう言えば私が花粉症を発症したのが、大学進学のため東京へ上京した年の春。
19歳でした。それまで、イネ科の花粉症には苦しみ、耳鼻科へ通って治療も
してましたが、スギ花粉は全くなし。

東京の環境が悪いんでしょうか。
あれだけ、アスファルトだらけで砂埃が舞ってますし、
空気もきれいとは言えませんし。

みなさん花粉症にけっこうお金を使われていますね^^;
以前の私ほどではないですが^^;
私が思うに大半のかたが対策に費やしていて、
治療には費やしてないと思います。

毎年、対策に費やせば、長い目で見るととんでもない
額に上りますよ!!!!

一ヶ月2000円、年3ヶ月、10年分として………

2000×3×10=60000円!!!


薬を毎日飲んだら2000円じゃ済みませんよね??
じゃあ一日4500円くらいで計算すると。

4500×3×10=135000円!!!



ブログランキングに参加しています!
読んだしるしに、ぼちっと応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

励みになります☆
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。