花粉症治療の壺@今から始める治療と予防☆

花粉症に苦しむ管理人による、花粉症に関する情報を提供するブログです。花粉症について、対策、治療、関連グッズなど幅広く紹介しています。花粉症の治療・対策に興味がある方必見です。

花粉症の治療・対策は万全ですか?今年のの治療・対策の成功体験は
来年・再来年も有効な財産となります。
諦めずに、治療・対策に奮闘しませんか!!花粉症は治療可能な
アレルギー疾患の一つです。何とかして工夫して治療して、
完治させたいものですね☆

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
手術療法 についてまとめます。

この前、紹介したレザー療法も手術に
なると思いますがここでは分けて説明していきます。

手術療法は主に2つのタイプがあります。

1.下甲介切除術(かこうかいせつじょじゅつ)

2.下甲介化学剤術(かこうかいかがくざいじつ)



1の下甲介切除術は、アレルギー反応で
腫れ上がった鼻の内部のお肉を切除します。
空気の通り道を大きくして、鼻をすっきりさせるのです。
この手術は、1週間ほどの入院が必要になります。

また、先天的に鼻の穴が狭い方が通り道を
広げるために、下甲介切除術を行う場合もあります。



二の下甲介化学剤術は、文字通り
鼻の穴の中の粘膜に化学物質を塗りこみます。

この化学物質を塗って鼻の粘膜をアレルギー反応を
起こしにくい性質に変化させるのです。
一泊もしくは日帰り手術が可能です。


どの手術にも当てはまるのですが、
花粉の季節前に施術するのが最善です。


ブログランキングに参加しています!
読んだしるしに、ぼちっと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 健康ブログへ

励みになります☆
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。