花粉症治療の壺@今から始める治療と予防☆

花粉症に苦しむ管理人による、花粉症に関する情報を提供するブログです。花粉症について、対策、治療、関連グッズなど幅広く紹介しています。花粉症の治療・対策に興味がある方必見です。

花粉症の治療・対策は万全ですか?今年のの治療・対策の成功体験は
来年・再来年も有効な財産となります。
諦めずに、治療・対策に奮闘しませんか!!花粉症は治療可能な
アレルギー疾患の一つです。何とかして工夫して治療して、
完治させたいものですね☆

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
花粉症に効くについて
紹介します。

花粉症に処方される薬は
大きく二つのタイプに分けることができます。
(厳密にはもっとだくさんですが……^^;)


抗アレルギー薬 (第二世代 坑ヒスタミン薬)

耳鼻科などでよく処方されるのが
このタイプの薬です。
この薬は予防的な効果が高く
花粉の症状が出る前や症状が軽いときから
飲むと効いてきます。
効き出すまでに時間がかかりますが、
副作用があまりない利点があります。

早ければ1~2週間で効果が現れ、
飲み続けることによって、薬の効果が
持続します。


抗ヒスタミン薬 (第一世代 坑ヒスタミン薬)

店頭で市販されている花粉症の薬の多くが
このタイプになります。
即効性があり、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、
に良く効きます。
ただし、眠気に代表されるように
副作用があります。


集中力が散漫になりやすく、勉強や仕事に
支障をきたすこともありますね。
薬のせいで、ミス連発なんてことも。
車の運転も控えた方が無難ですね。


症状が酷すぎて、坑アレルギー薬では効かない、
たまたま、抗アレルギー薬がない場合、
坑ヒスタミン薬を服用しても一応問題ないみたいです。
断言はできませんが…^^;

理想はどちらかのタイプの薬を飲み続けるのが
ベストですが^^;
それに万が一のことを考えると、事前に医師の
確認をとっておくのがいいと思います。

どちらのタイプの薬にも言えることは、

毎日継続して服用すること

が大切です。


ブログランキングに参加しています!
読んだしるしに、ぼちっと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
励みになります☆

コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。